ゴルべ温泉

手広くやってます。

古代中国文明

 

仰韶文化

    読み方:ぎょうしょうぶんか
 紀元前5000年から前4000年の黄河上・中流域での新石器文化
 1921年地質学者アンダーソンが、河南省仰韶村で新石器文化の遺跡を発見したことによる。
 遺跡から出土した土器の中でも、彩陶(彩文土器)が有名
 

f:id:golbe_onsen:20190801223639j:plain

彩陶

竜山文化

 紀元前3000年ころ、黄河下流域での新石器文化
 出土した土器の中でも、黒陶灰陶が有名
 黒陶は、儀式の時などに使われる一方で、灰陶は日常的に使われていた。

f:id:golbe_onsen:20190801223700j:plain

f:id:golbe_onsen:20190801223651j:plain

黒陶と灰陶

その他の中国文明

河姆渡遺跡

 紀元前5000年から前3000年ころ、長江下流域での新石器文化
 高床式倉庫など、日本の縄文文化に影響を与えたとされる。

三星堆文化

 紀元前1600年以降ころ、四川盆地での新石器文化
 黄金マスクが有名

f:id:golbe_onsen:20190801223705j:plain

黄金マスク

地図

f:id:golbe_onsen:20190801223658j:plain

位置関係

まとめ

 最も重要なのは、仰韶文化と竜山文化です。それぞれの文化に関わる土器の区別ができるよう、イラストをつけました。そのクオリティはともかく、それぞれの特徴を抑えてください。
 よく、黄河と長江の位置を間違える方がいます。地図で確認をして間違いを少なくしてください。
 河姆渡遺跡と三星堆文化は、仰韶・竜山文化に比べて重要度は低いですが、発生場所をざっくりと覚えておくといいでしょう。

 

 今日はここまで